口コミ | 大阪リラクゼーション・耳かきリフレがいまアツい
Girl bar and the men

口コミ

口コミとは、企業対消費者間ではなく消費者対消費者間で行われる物品や商品に関する噂である。消費者間では利害が発生しないため、企業によるコマーシャルよりも信ぴょう性があるとされる一方、伝言ゲーム的に曲解された情報が伝えられる可能性もある。

口コミサイトとは、従来対面でのやりとりが中心であった口コミのコミュニティをインターネット上に広げることで、より効果を高めることを狙ったものである。インターネットは今や世界中を結ぶものであり、インターネットで公開された情報は瞬く間に拡散される。そのため、口コミの拡散速度も速く、影響力は大きくなる。

口コミ情報をウェブサイトでまとめる、あるいは口コミ情報を投稿するためのウェブサイトを作成することで、特定の分野に関する口コミを集めることが容易になる。しかし、意図的に誹謗中傷を書き込んだり業者によるサクラ行為がないわけではないため、口コミサイトを利用する際には情報を見極めることが重要となる。

CGMとは、コンシューマー・ジェネレイテッド・メディアの略称であり、消費者により内容が作られるメディアである。口コミサイトやmixi、twitterなどのSNSサイト、YouTubeなどの動画共有サイトがこれにあたる。企業ではなくユーザーによる投稿でページが作られていくため、時として爆発的な口コミ力を持つことがある。

このCGMを利用したマーケティングの手法をバイラル・マーケティングと呼ぶ。バイラル・マーケティングは低コストでの顧客獲得を見込むものであるが、口コミという性質上顧客獲得数は変動しやすく安定性は低い。

口コミは「口頭コミュニケーション」の略とも言われ、主に知人間でやり取りされる。人間は見知らぬ他人よりも知人の発言を信じる傾向にあり、そのため口コミによる情報伝達はコミュニティ内で大きな信ぴょう性を伴い拡散される。情報の真偽は問わず、特定のコミュニティ内においては口コミでもたらされる情報が真実として扱われるのである。

口コミによる評価が良いものであれば高い広告効果をもたらし、逆に悪評であればそれだけ店舗の評価は低下する。これにより、現在のマーケティングにおいて口コミは非常に大きな比重を占めるものとなっている。

口コミは、基本的には企業の絡まない消費者同士の情報のやりとりである。そのため、企業によるマーケティングではわからない部分に関する情報を得ることもできる。企業やマスメディアによるマーケティングは良い側面だけを強調してなされる場合が多く、メリットとデメリットの両方を複合的に捉えて考慮したい消費者は口コミで必要な情報を得るのである。