マッサージ | 大阪リラクゼーション・耳かきリフレがいまアツい
Girl bar and the men

マッサージ

マッサージとは、身体の疲労回復や血行の促進、リラックスを目的として施される治療法である。筋肉の凝りをほぐす際にも行われる。血行の促進による新陳代謝の機能向上とそれに伴うむくみの解消、脂肪燃焼などがしばしば効果として謳われる。

本項では、主にエステティックサロンで受けることのできるマッサージについて記述する。

フェイシャルマッサージとは、顔を対象として行われるマッサージである。軽い刺激を顔の皮膚上層に与えることによって血液やリンパのめぐりを活性化し、リラクゼーション効果やむくみの解消、シミやくすみの解消効果を得る。刺激を軽減するためにオイルやクリームを塗布して行うことが多い。

多くのエステティックサロンでフェイシャルエステの一環として行われており、認知度の高いマッサージでもある。

オイルマッサージとは、オイルを用いて手指の滑りを良くし、肌との摩擦を軽減した上で行うマッサージである。主にボディマッサージで用いられる。タイ式やバリ式、インド式などが有名である。基本的には皮膚と浅い筋肉に刺激を与え、血液とリンパのめぐりをよくしてリラクゼーション効果をもたらすものであるが、タイ式マッサージではオイルの力を借りて揉みほぐす側面が強く、他のオイルマッサージより力強い施術が特徴である。

オイルマッサージでは、オイルの成分が皮膚に浸透するため肌の状態や精神・健康状態によって用いられるオイルが異なる。適切なオイルを用いることでマッサージの効果をより高めることができるのである。

アロママッサージとは、オイルマッサージの中でも特に西洋で広く行われるものである。基本的な効果はオイルマッサージと同様であるが、使用するオイルに少量のアロマオイルを混入することでアロマセラピーによる高いリラクゼーション効果を得ることができる。

アロマセラピーには香りによって心身を癒す作用があり、クライアントの心的な症状(イライラ、不安、憂鬱など)の軽減ないし解消もまた目的の一つである。

足つぼマッサージは台湾式リフレクソロジーとも呼ばれ、足裏の反射区と呼ばれる部位を手や指によって刺激するものである。体表内臓反射の原理を用い、反射区を刺激することで体内の各部位に自律神経を通して影響を与える。老廃物の蓄積や血行の不行き届きが不調をもたらすとの考えにより、痛みがある部位(=血行不良、老廃物の蓄積がある部位)には不調があるとする。

これを解消し、全身に血行を行き渡らせることが目的である。そのため、熟練の技術者には的確に痛みを引き出す技術が求められている。ただし、ただ痛みを伴えば良いというわけではなく、痛みとともに爽快感を与える必要がある。痛みを引き出し、爽快感を与えることが熟練の技術者の証であると言われている。